土地家屋調査士 investigator

土地家屋調査士とは?

土地家屋調査士とは?
「土地家屋調査士法」に基づき創設された国家資格になります。主に不動産(⼟地⼜は建物など)の現状確認を正確かつ公平迅速に法務局に登記として提出し、記録として反映させるため、必要な調査、測量、申請⼿続代理などを⾏う専⾨家です。
主な仕事としては、表題登記(家を新築したときに、最初に家の構造などを登記する)、土地の境界線の調査、建物の滅失登記などがあり、とくに土地の境界線の調査とは、境界標を記した表示物を埋め、土地の境界を確認していく作業となります。
また、登記の申請⼿続代理、筆界特定(※1)の⼿続代理なども行っております。
土地家屋調査土とは?
※1
⼟地の境界(筆界:ひつかい)を特定するため、土地の所有者の求めに応じ、登記官が、外部の専⾨家の協⼒を得ながら、土地の境界を特定すること。

こんな時はお気軽にご相談ください

⼟地についてのご相談

土地家屋調査土とは?
  • 1つの⼟地を2つ以上に分けたい
    分筆登記
  • 宅地に変更した
    地⽬変更登記
  • 登記簿の⾯積と実測の⾯積が違う
    地積更正登記
  • 地図が誤っている
    地図訂正

建物についてのご相談

建物についてのご相談
  • 新築した
    建物表題登記
  • 増・改築した
    建物表題変更登記
  • 建物を取り壊した
    建物滅失登記
  • マンションを新築した
    区分建物表題登記

調査・測量をして図⾯を作成し、登記申請⼿続きをいたします。
登記は、所有の不動産を明確にし、不動産取引の安全を確保します。
⼤切な財産である⼟地・建物を登記することで、⾃⼰の権利を第三者に主張することが出来ます。